東京都渋谷区桜丘町14-10渋谷コープ503
TEL03-3477-7346 FAX 03-3477-7362
E-mail dela.n.a@nifty.com


 ここでは、DELA・ダンベル健康体操指導協会についてご案内申し上げます。

 ダンベル健康体操指導協会(DELA)の事業
 
C2級(ダンベルヘルスケア・アドバイザー)・C1級
  ・B級・A級ダンベラーの規定
 
DELA・ダンベル健康体操指導協会の歩み
 
ダンベルブレイク・Q&A
  ダンベル体操をしているのにダイエット効果が出ない!!





 ダンベル健康体操指導協会では、以下の事業を行っています。詳細はお尋ねください。

  • C2(ダンベルヘルスケア・アドバイザー)・C1級・B級・A級ダンベラーの資格認定講習会の開催及び資格認定・登録

  • ダンベルヘルスケア・アドバイザー認定講座の通信教育

  • 行政、保健福祉機関、健保組合、企業等に対するダンベル健康体操普及事業の企画、指導

  • 資格認定ダンベラーに対する研修会、研究会の開催

  • ダンベル健康体操に関する調査、研究活動及びその成果の収集

  • ダンベル健康体操に関する書籍、視聴覚教材の発行

  • ホームページよりダンベル健康体操に関する情報発信

  • その他の事業
    ・ダンベル健康体操の普及のための各種資料の発行
    ・ダンベル健康体操の普及に関する功労者の表彰
    ・ダンベル健康体操に関する機器の調査、研究、開発及び販売



>> このページのトップにもどる



■C2級ダンベルヘルスケア・アドバイザー

概  要
ダンベル健康体操の基本理念を理解し、継続的にダンベル健康体操を正しく実践するとともにダンベル健康体操の社会的普及に努める者。
取得方法
ダンベル健康体操指導指導協会(DELA)の指定する講習会を受講し学科検定試験に合格するとともにDELAに登録する(3年間有効)
受講資格
ダンベル健康体操を実践する者。
講習内容
2日間(学科講習1日、技能講習1日)、
学科検定試験
学科27単位(自宅学習18単位含む)、
技能18単位(自宅学習12単位含む)
講習費用
33,000円(税別)


■C1級ダンベラー・ダンベル健康体操指導員

概  要
ダンベル健康体操の基本理論を理解するとともにダンベル健康体操を行おうとする者に対して基本的な理念、方法を正しく指導する者。
取得方法
資格を取得するためにはDELAの指定する講習会を受講し学科及び技能検定試験に合格するとともにDELAに登録する(3年間有効)
受講資格
健康づくり関連の活動を行っている者、またはC2級ダンベルヘルスケアアドバイザーダンベラー資格取得者
講習内容
2日間(学科講習1日、技能講習1日)、
学科検定試験、技能検定試験
学科27単位(自宅学習18単位含む)、
技能18単位(自宅学習12単位含む)
講習費用
36,000円(税別)


■B級ダンベラー・ダンベル健康体操正指導員

概  要
ダンベル健康体操の総合理論及び総合実技を理解し、「ダンベル」を行おうとする者に対して総合的な指導を行う者。
取得方法
DELAの指定する講習会を受講し学科及び技能検定試験に合格するとともにDELAに登録する(3年間有効)
受講資格
受講資格:C1級ダンベラー資格取得者
講習内容
講習内容:2日間(学科講習1日、技能講習1日)、
      学科検定試験、技能検定試験
      学科24単位(自宅学習16単位含む)、
      技能18単位(自宅学習12単位含む)
講習費用
36,000円(税別)


■A級ダンベラー・ダンベル健康体操総合指導士

概  要
ダンベル健康体操の健康哲学を理解し、C2級、C1級、B級ダンベラーの指導を行うとともにダンベル健康体操の社会的な普及啓蒙活動に尽力する者。
取得方法
DELAが規定するダンベル健康体操の社会的な普及啓蒙活動の審査を受け、DELAの指定する講習会を受講し、論文、面接及び技能検定試験に合格するとともにDELAに登録する(2年間有効)。
受講資格
B級ダンベラー資格取得者でダンベル健康体操の社会的な普及啓蒙活動を規定以上に行っている者。
講習内容
2日間(学科講習1日、技能講習1日)、
学科検定試験、技能検定試験
学科24単位(自宅学習16単位含む)、
技能18単位(自宅学習12単位含む)
講習費用
50.000円(税別)


>> このページのトップにもどる



1995年

9月   ダンベル健康体操指導協会設立。会長・萱沼文子、理事長・長野茂就任
12月  「25歳からのダンベルエクササイズ」発刊(萱沼文子著・主婦と生活社)


1996年

4月   「2人でできるダンベルエクササイズ」発刊(萱沼文子著・主婦と生活社)
5月  第1回ダンベル健康体操指導員(B級ダンベラー)ダンベル健康体操普及員
    (C級ダンベラー)育成認定講習会開催(東京)
9月    第1回ダンベル体操の健康づくり作用に関する国際シンポジウム(筑波大学)
     において萱沼文子、長野茂報告
     「ダンベル健康体操基本・応用プログラムテキスト」発刊(DELA)
12月  第1回ダンベラーズ実践研究会


1997年

4月   第2回ダンベラーズ実践研究会
7月  第11回C級ダンベラー育成認定講習会開催(袋井)
10月  第13回C級ダンベラー育成認定講習会開催(長岡)
     第14回B級・C級ダンベラー育成認定講習会開催(宮崎)


1998年

5月   第3回ダンベラーズ実践研究会
6月  DELA理事に桐井明子就任 DELA宮崎設立
11月  第4回ダンベラーズ実践研究会


1999年

1月   第23回B級・C級ダンベラー育成認定講習会開催(渋川)
3月   第5回ダンベラーズ実践研究会
5月   第27回B級・C級ダンベラー育成認定講習会開催(都城)
     第28回B級・C級ダンベラー育成認定講習会開催(沼田)
7月   第6回ダンベラーズ実践研究会
     ―音楽を効果的に使ったダンベル健康体操&リラクセーションプログラム―
     「ダンベル体操が効いた」発刊(主婦の友社)
11月  第7回ダンベラーズ実践研究会―地域に根差したダンベル健康体操―
     第36回C級ダンベラー育成認定講習会開催(柿崎)
12月  第8回ダンベラーズ実践研究会―無限の可能性 発見!!ダンベル健康体操―


2000年

3月   萱沼文子会長に第一子誕生(41歳11ヶ月、 高齢初産)
6月   第9回ダンベラーズ実践研究会―ダンベラーの和・輪・話を広げよう―
11月   第10回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―20世紀に置いていく健康づくり・21世紀に持っていく健康づくり―


2001年

1月   DELAダンベル健康体操の通信教育開始
3月   DELA長岡設立
     ビデオ「高齢者のための健康体操21・全10巻」
7月   DELA群馬設立
     第11回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベル健康体操実践者の健康改善の実態―
10月   萱沼文子会長に第二子誕生(43歳6ヶ月、高齢出産)
11月   第12回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―高齢者のダンベル健康体操・ダンベラーと行政との連携―

2002年

4月   第13回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―温故知新・知識を知恵のダンベラー―
6月   第61回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(新潟) 
9月   第66回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(山形)
11月  第14回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―初心忘るべからず・ダンベルパワーの原点は好奇心・向上心・研究心―


2003年

2月   「ビデオダンベル健康体操・2巻セット」発刊(萱沼文子・TDKコア)
     70回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(京都)
5月   第15回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)―ダンベラーは現代の健康語り部―
6月   ダンベル健康体操テーマソング・CD「ダン・ダン・ダンベル和・輪・話」完成
11月  第16回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)―楽しく、気持ちよく、そして美しく―



2004年

2月   萱沼文子会長に第三子誕生(45歳10ヶ月、高齢出産)
5月   第17回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―DELA設立10周年・ダンベル健康体操の原点を見つめる―
6月    「やわらかダンベル健康体操」発刊(長野茂著・PHP研究所)
11月  第18回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―DELA設立10周年・ダンベラーの来し方を振り返り、現実をしっかり見つめ
     将来を明るく展望する―


2005年

2月    「ビデオダンベル健康体操・2巻セット」発刊(萱沼文子・TDKコア)
5月   第19回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベル健康体操の指導方法を考える・やる気にさせるテクニックを伝授する―
9月   第92回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(上越)
11月  第20回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―継続は力!飽きずに楽しく続けられるダンベル健康体操の工夫―


2006年

5月    第21回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベル健康体操と日常ながら運動で自立生活いつまでも!―
11月   第22回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―健康づくりは体の外から、体の内から、ひねって、ねじって、しぼりだす


2007年

5月    第23回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベル健康体操の指導方法を考える・やる気にさせるテクニックを伝授する―
     第95回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(松江)
9月   第98回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(新潟)
11月  第24回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベラーの技を学ぶ・ダンベル健康体操指導の発表会!―


2008年

6月    第25回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)―再発見!!ダンベル健康体操―
11月   第26回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベル健康体操の利点を絞りだす!―


2009年

2月    第103回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(袋井)
5月   第27回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―転ばぬ先の自前の杖―ダンベル健康体操と日常ながら運動で転倒予防!!―
10月    「ダンベル健康体操・2巻セットDVD」発刊(萱沼文子)
11月   第28回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―脳を鍛える最良の方法は運動にあり―健脳運動で脳細胞(ニューロン)
     を増やし脳細胞間のネットワーク(シナプス)強化する!!―


2010年

5月    第29回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
      ―DELA設立15周年・健康第一!笑顔が一番!コミュニケーションプログラムで
      ダンベルを盛り上げる!!―
11月   第30回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
      ―DELA設立15周年・健康人生の分岐点!やっててよかったダンベル健康
      体操!!何がよかったのか、それぞれの思いを語ろう―


2011年
3月   第104回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(長岡)
5月   第31回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―三位一体!!心と体と社会的健康!お米体操・和・輪・話で日本を元気に!−
8月   第105回C1級・C2級・B級ダンベラー育成認定講習会開催(袋井)
9月   第107回C1級・C2級・B級ダンベラー育成認定講習会開催(松江)
10月  (東日本震災により順延)
     第106回C1級・C2級・B級ダンベラー育成認定講習会開催(渋川)
11月   第32回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ダンベル健康体操の究極の目的・自立生活いつまでも!
     ―高齢者のためのダンベル健康体操プログラムを考える兼DELA認定お米体操
      指導員・資格取得講習会−


2012年
5月   第33回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ―ダンベル健康体操・日常ながら運動・お米体操で日本を元気にする!兼日常
     ながら運動(エクササイズ)普及員・指導員・資格取得講習会−
     「日本を元気に!エンジョイ・富士山体操プログラム発表」
6月   第108回C1級・C2級ダンベラー育成認定講習会開催(新潟)
11月  第34回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     ダンベル健康体操(ダンベル・ウォーキング・ストレッチ)及び
     日常ながら運動・健脳運動・アロマフィットネス・お米体操で
     体と脳を鍛えて、寝たきり、認知症を防ぐ!!
     ―急速な高齢社会・急増する認知症高齢者に対応する―
     「ダンベルスカイツリー体操プログラム発表」

2013年
5月   第35回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)楽しく指導・笑う門には福来る
     ―メタボ・ロコモ・高齢社会・ストレス・寝たきり・認知症をまとめて笑い
     飛ばそう!!―
11月  第36回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)―ロコモティブシンドロームを
     考える―
     「祝!2020年東京オリンピック!!―ダンベル東京オリンピック体操発表」
     「高齢者のためのお米体操ダンスプログラム発表」

2014年
5月   第37回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     アロマの健康作用を考える
     ―アロマで認知症・ストレス・ロコモ・メタボを予防・改善!!―

11月   第38回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     『ダンベル健康体操の日常化―ダンベルチャンス!ながらチャンス!』
     DELA・NEWプログラム 糖尿病予防スマートプログラム

2015年
DELA設立20周年記念
5月   第39回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
     『DELA設立20周年・ 人生を変えたダンべル健康体操!―振り返る、立ち止まらない、前進する―』
9月   ダンベル健康体操推進員認定講習会 in 津市
11月  第40回ダンベラーズ実践研究会開催(渋谷)
11月  第40回ダンベラーズ実践研究会開催(新潟・長岡地区)



>> このページのトップにもどる

■《ダンベルブレイク・Q&A》
 
ダンベル体操をしているのにダイエット効果が出ない!!

Q1 26歳の会社員(女)です。ダイエットのため、ダンベル体操を始めて2ヶ月、始めの1ヶ月は朝食前に15分のダンベル体操、次の1ヶ月入る頃から、朝の他に出来るとき夕方15分ダンベル体操をしています。やり方が間違っているようにも思えないのですが、体重の減少に繋がりません。ダンベル体操の他に以前から、15分程度の踏み台運動や25分程度のウォーキングも併用して週に4、5回行っています。思うように結果に繋がらないので少しイライラしてしまいます。

 食生活では、毎日3食とりたまには間食もしています。夕食は7時前には食べ終わるので、それ以降は食べないように気をつけていますが、週に1、2回夕食後、甘いものがむしょうに食べたくなり、その欲求を抑えることが出来ずに食べてしまうことがあります。多分これが、一番のダイエットの問題だと思っていますが・・・ よきアドバイスをよろしくお願い致します。
Q2 3年前に第三子を出産してから、以前にもまして太ってしまいました(158センチ70キロ)。半年前からダンベル体操を週のうち4日以上は続けていますがいっこうに効果がえられません。握り方、動作、フォームなども充分気をつけているつもりです。3ヶ月で2キロ、半年で5キロなどという体験談を読んで、楽しみにしていたのに体重は全く変わらず、
ひきしまったという実感もありません。ウエスト、お腹周りがすこ〜しラクになったような気がしないでもないかな、という程度。急激なダイエットとちがって、長い目でみるつもりではいたのですが、半年もまったく成果なしではやはりなえてしまいます。
 食事の量は多いほうかもしれません。ご飯が大好きで。でも間食はほとんどしません。夜食もたべません。どこに問題があるのでしょうか。

A 二人とも、ほぼ同じ悩み、ダンベル体操をきっちり続けているのにダイエット効果が目に見えて出ないというものです。まず、頭にいれてほしいことは,人間の性質、顔、形が違うように、運動効果も違うということがあります。


よく「太るタチ」とか「やせの大食い」とか言います。好きなものを、たくさん食べているのにスリムな体型を維持している不思議な人もいれば「大丈夫かな?」と心配するくらい少食なのに太っている人もいます。幼少の頃または思春期に肥満していた、家系に肥満者が多い、小さい頃から短距離には強いが長距離が苦手だったということがあれば、体質的に肥満になりやすいといえます。どうだったでしょうか。
 そんな人は、運動面だけでなく、太りやすい体質を自覚して、食生活をかなり厳しくチェックする必要があります。
1日の総カロリーだけでなく、

・栄養のバランス−低脂肪、高タンパク
・食べる時間帯−夕食は早めに
・食べる時間−食事はゆっくり、よくかむ
・だらだら,手持ち無沙汰食いは避ける、間食より肥満のもと
・主食は腹持ちのするもの、粉食より粒食
・繊維質の多い根菜類
 「甘いものがむしょうに食べたくなり、その欲求を抑えることができない」なら、毎日少し甘いものを食べたほうが、まだ太りません。ダイエットに、甘いもののドカ食いは最悪です。

ダンベル体操の基本を守っていますか。

・基本姿勢
 背筋を伸ばし、お腹を引っ込め、ひざを軽く曲げ、手首をやや内側にして、ダンベルをぎゅっと握る。これで全身の筋肉を緊張させておく。この姿勢は最後まで意識して行う。

・動作スピードは、4秒かけて上げ4秒かけて戻すことを基本とする。スローモーション動作のように、一定の、スピードを保つ。
・3種目くらいごとに、手足の力を抜いてリラックスさせる。これで脂肪が燃えやすい体に変わる。

・力がついてきたといって、ダンベルの重さを増やさない。基本は女性で、1kgで充分。

・よりダンベル効果を上げるなら食後1時間後、寝る2〜3時間前が良い。11時に就寝なら、食事を7時頃に取り、8時過ぎにダンベルを行い、それから風呂に入ると良い。

日常ながら運動をしていますか

 ダイエットの基本は日常ながら運動がポイントとなります。いくらダンベルがよいからといって、ダンベルをした後、活動的にならなければ効果も出ません。生活にとってつけたような特別な運動は,1月,3月、半年は続けられても、いずれ、挫折するものです。長いダイエットとの戦いは、1日15分のダンベルと生活そのものを運動にすることが最適です。




>> このページのトップにもどる





Copyright 2001- ダンベル健康体操指導協会