田中夏子さん 72歳・新潟県柿崎町

 

●アロマケア&ビューテイ実践報告 K・Eさん(千葉県)

私事ですが、主人が2ヶ月ほど前急に腰痛で、身動きが取れなくなりました。20代の時、へルニアの手術を受けており、それ以来疲れが溜まった時や寒い時などに痛みが出ることがありました。これまでは痛みが出るたび接骨院で治療を続けて来ました。

そこで、筋肉痛のアロマオイルを作り、「だまされたと思って1日何回もマッサージしてみたら」と半信半疑の主人に渡しました。それがまたびっくりするほど良く効いたのです。夜塗って朝起きた時の感じが全く違い、湿布よりずっといいと毎日「不思議だ、不思議だ」を連発しながら塗り続けていました。1週間もするともうほとんど痛みはなくなり、正常な日常生活にもどりました。きっともう接骨院には行かない事でしょう。

その女性は40代後半のある教室の会員さんですが、9月初めかなりひどく足首をひねって捻挫をしてしまいました。しばらく教室に来られなくなってしまったのです。その間その人は、太りたくないからと以前私が作って渡したシェイプアップオイルをウエストに毎日マッサージし続け、座ってできるダンベル体操をやっていたそうです。

久しぶりに教室に見えた時ビックリしました。ウエストがキュッと引き締まっていたんです。その方も久しぶりに教室の大きな鏡で自分の姿を見た瞬間、驚いていました。改めてシェイプアップオイルの威力に驚いた私です。

ローズヒップオイルがとてもいい感じです。今年の夏の暑さでボロボロに疲れた肌が塗るたびにしっとりふっくらしたのです。ラベンダー・レモンなど好きな香りも楽しめるし、マッサージ後休むともうグッスリです。高価な美容液は必要ありません。

●アロマと私 T・Yさん

アロマフィットネスの講習会は、先生の講義に耳を傾け、気持ちがとろけてしまうような甘い香り、気分かすっきりするリフレッシュな香り、王女様になったような高貴な香り、それはそれは不思議な研修でした。飴をいただいた後には鞭があるのは当然のように最後の終了試験では、アロマの基本と香り試験があり、なんとかアロマフィットネスデザイナーの認定資格をいただくことができました。

まず、私自身の生活の中でアロマを生かすことから実践してみました。ペパーミントを希釈した消毒用アトマイザー、くしゃみ・鼻水・鼻づまりにユーカリをちょっぴり忍ばせて・・・ここぞという時にはティートリーやローズマリーを、気分が不快で頭痛がある時はラベンダー。このように私の生活の中でアロマがだいぶ定着してきました。

そうなると周りの人に教えたくなるのが私の性分ですから美肌クリームや美白クリームを作って上げたり、主人には毛髪のためのマッサージオイルやスプレーを、眠れない夜はアロマポットを焚いたりして快適な暮らしのために役立てています。

●アロマでリフレッシュ K・Tさん

まずは、私自身の為のアロマ活用を紹介します。歯磨きはティトリー。風邪予防と歯肉炎予防。冬から春にかけユーカリ、鼻づまりには最高。花粉症、クシャミにも効果。一寸疲れた気分の時はグレープフルーツにラベンダー。爽やかな気分にしてくれる。とても疲労感のある目覚めの時は、朝の短時間アロマ入浴とお出かけ一滴ローズマリー等々、その時の気分により楽しんでいる。

スキンケアブレンドは基礎化粧と口紅1本の私はそれのみ。。

いまは、グレープフルーツが人気(やせる効果の宣伝かしら)、ユーカリも人気があった。若い人の集まりのため求めやすい値のものでもあるかも。ダンベルと出会ったおかげで、人の前に立つ度胸と、楽しさを知る事が出来、指導もなんとか切り抜けることが出来そうな予感。アロマの助けを借りて。

●髪の毛アロマ I・Mさん

 資格取得以来市販の化粧品は、紅とまゆずみ以外は全く使用しなくなってしまいました。洗顔後スキンケアオイルだけを使っていますがお蔭様で非常によい状態を保っているように感じています。 ヘアーオイルも同様です。使い始めたころのことになりますが洗髪後の抜け毛がびっくりするほど減少しこれはすごい事だと、以来使い続けていますがこれももう手放せません。教室の方が使い続けて下さっている事も何よりの効果の実証ではないでしょうか。

●アロマを活かす W・Hさん

一番使うのが、スキンケアオイルです。最低1日2回は使用しています。アロマにしてしばらくしてからだと思いますが、ファンデェーションも、出かける時だけ(月に4回位)つけるだけになり、化粧水や乳液等の化粧品は全く買わなくなりました。これ一本でいい!!というコマーシャルがありましたが、そのとおりです。

ストレッチ&ダンベル教室でも、電気のアロマランプを使い、毎回においを楽しんでいます。アロマランプを忘れてしまった時は、レッスンが物足りない様な気がします。ストレッチは、癒しの音楽とアロマのにおいがセットだと思っています。

•  アロマフィットネスによる心身の健康改善 S・Hさん

 私自身のアロマフィットネスによる心身の健康改善例を報告いたします。

1.年齢的にもちょうど更年期の時期にさしかかり、血圧が高くなったり、顔がほてったりということがありましたが、ラベンダー、サンダルウッド、イランイランなどをその日の気分でティッシュに滴下し胸にそっと入れておきます。なんとなく気持ちが落ちつき「今日も頑張ろう・・」という気になれ、精神的にプラス作用が大きいことを実感しています。

2.アレルギー体質をもっていることもあり、以前は2月から春先にかけて顔がかさかさし、お化粧もできない状況でした。アロマの化粧水・クリームを作り始めて2年になりますが、お蔭様で顔のかさかさや湿疹・かゆみが全くなくなりました。現在化粧水には、ラベンダー、サンダルウッド、イランイランを使用しています。

3.口腔ケアには、ティートリーを使用しています。体調によって歯肉から出血することがあります。そのときは、ブラッシングの最後にティートリーを歯ブラシに滴下しマッサージするようにしています。そうすることにより2・3日で出血が改善されます。

以上のように自分の体験をとおして、自分自身の生活の中にアロマはなくてはならないものとなってしまいました。アロマフィットネスデザイナーの研修会で学んだことや自分の体験を職場の仲間や友人に少しずつ伝えているこの頃です。今後も、ダンベルとともにアロマのよさを少しずつ伝えていきたいと思っています。

●アロマストレッチプログラム O・Kさん

アロマストレッチというクラスを持って3年になります。

アロマクラスは私が、アロマフィットネスの資格を取得以来立ち上げたクラスの為、規定がなにもなく、やりやすい反面、会員さんに受け入れられるかという不安がありました。初めは、好みに個人差のある香りをどうつかうか?そして、広いスタジオに、万遍なく香りを漂わせるにはどうしようか?という問題がありました。

私自身、嫌いだった香りが好きになったり、体調によっては、だめになってしまう香りもあります。年齢や体調そして好みさまざまな会員さんに対してひとつの香りに限定せずに、 いろいろな香りを使おうと考えました。くせのある香りは出来るだけ少量に会員さんの体調も毎回確認しながら進めています。いろいろ試していますが、気分が悪くなった方や、いやな気持ちになるという方はいまだいらっしゃいません。

スタジオに万遍なく香りを漂わすという問題は、逆に万遍なく漂わせないほうがいいことに気がつきました。香に弱い方にはあまり香らないところへ移動してもらいたいからです。

初めは、少なかった会員さんもだんだん増えてきています。スポーツクラブには、がんがん体を動かすクラスはあっても、リラックスさせて、疲れをとるクラスは少ないもの。帰られる会員さんの顔をみると皆さん結構疲れています。そんな方々に是非はいって欲しいとピーアールしてます。

●アロマと私 M・Mさん

20歳代から花粉症に悩まされていた私は、いろいろな治療を受けましたが、症状は全く改善することなく、花粉が飛び始める頃になるととても憂鬱でした。仕事が保健師ということで、花粉の時期でも家庭訪問するわけですが、花粉症という言葉がまだ一般的でない頃にマスクをして伺うと、「風邪を移されては困る。」という相手方の態度が明らかで、そのたびに「花粉症です。」と説明していました。今はアロマで花粉症を乗り切っています。

私が使っている精油は、ユーカリ、ラベンダー、ティートリー、柑橘系中心で常に携帯しています。ユーカリはもちろん花粉症に。マスクに一滴垂らして着用します。鼻水が止まらない時にはティッシュに垂らして吸入するとすぐに鼻づまりが改善、鼻水が止まります。

 ラベンダーは眠れない時、火傷に。ティトリーは口内炎に。小さなうちはうがいで、大きくなったら綿棒にたっぷり染み込ませ直接患部につけます。

柑橘系はリフレッシュに。講師をしているダンベル教室の最初にティッシュボールを作って参加者に渡しています。グレープフルーツはこれからの時期マッサージオイルとして使用します。

精油のまま使用する他にもアロマクリームを調整して使用しています。主に“美肌”“免疫”“アトピー”です。冬になると特に肌の乾燥がひどく、入浴後はつっぱって顔がピリピリしますが美肌クリームを塗って眠ると朝までしっとりです。また、手荒れ予防にも効果大で、指先のカサカサもすぐに治ります。皮膚が割れてしまった時にはクリームを塗って判創膏を貼っておけば2〜3日で治ります。

アロマクリームの中で最大のヒットは“アトピー”のクリームです。小学校の中学年以上の子ども達に使ってもらったもらったところ継続して使用要望が多く、子ども達の母親からは「朝起きた時にグッスリ眠れるよと子どもから言われた。」、「野球の練習に集中できるようになった。」、「もう終わるから頼んでと催促された。」などの話がありました。

自分のために使い始めたアロマですが、最初の頃はユーカリを使うと周囲から「山椒臭い。」と言われ、肩身の狭い思いをしていましたが、今ではその人達にも少しずつ関心を持ってもらえるようになりました。

アロマでもダンベルでもコツコツと地道に活動することが成果を上げるコツでしょうか。

●アロマとダンベルの絶妙なコンビネーション N・Mさん

ダンベル健康体操とアロマフィットネスの資格を頂いています。活動を通じての感想は、心身健康で心の底から笑顔が溢れる様な日常生活を送る為には、どちらが欠けても物足りなさを感じ充実できないということです。

まずは、私自身がアロマを日常生活の中で使ってみてその素晴らしさを実感しなくてはと思い、アロマと共に朝が始まりアロマと共に一日を終える日々が今日も続いています。結果、想像以上の効果に多々驚かされるばかりです。

例えば、火傷の時。アロマの代表的存在「ラベンダー」にお世話になり、翌日には完治。例えば、怪我の絶えない小学三年生の息子が、旅先の砂利道で転んでズボンを破く程膝に大きな擦り傷を作った時も、持っていたお茶で砂利を洗い流し、そこで「ティートリ」が大活躍!。その晩、宿のお風呂にも全く痛がる事もなく入れ、傷も膿む事無く、間もなく完治へ。

また、母も、かなりの膝痛でしたが筋肉痛オイルをよく擦り込んであげると、翌日には痛みもかなり軽減し今では完治しています。そして何より驚いたのは、この一年私の二人の子供一度も入院せずに過ごせた事です。二人の子供達は、生まれて間もなくからかなりひどいアトピーと喘息で、大学病院に入院した回数が、二人合わせて通算28回!。それがこの一年、二人とも救急にも行かず入院をする事も無かったのです。いくら成長し体力が付いたとは言え、小児科の先生ですら驚いていらっしゃいました。

幼稚園と学校から帰って来たら、必ず手洗いとティートリーでのうがい。風邪気味の時には、ユーカリを T シャツに一滴付けたり、寝る時にはペパーミントシャワーを寝室に噴霧したり、我が家はアロマに大感謝です。

●アロマフィットネス活動 Y・Jさん

私の場合、エッセンシャルオイルは、ダンベル体操指導時に必ず使用しています。ローズマリーやグレープフルーツ、ベルガモットなどは、ストレッチやダンベル体操の時に、また、クールダウンの時にはラベンダーやイランイランを水でうすめたスプレーにして使用しています。

 香りとBGMを、うまく利用することで、その場の雰囲気も和み、指導を進める上で、とても有効だと感じています。

 参加者が少ない時は、肩こり、筋肉痛に効果のあるマッサージオイルを手のひらの上に配って回り、首や肩などにぬってもらってから、ストレッチを行っています。メンバーが各自で用意してくれるようにしたいのですが、まだ、そこまで強く勧めていないのが現状です。アロマオイルの良さをもっとうまく伝えられたら、いいのですが…・

長野先生の“ながら運動”の本とともに萱沼先生の“アロマフィットネス”の本2冊をいつも携えて、ダンベル体操の指導に出向いています。少しずつアロマの良さを実感してもらいながら、ダンベル体操と同様に、元気になるお手伝いができたならと思っております。

●アロマで腰痛が治った K・Mさん

私は、5年前に落馬して、背骨の圧迫骨折をして、歩くことも出来ないほどの腰痛になりました。背骨の圧迫骨折は医者に行っても絶対安静を約1ヶ月間するだけで、何も治療はしてくれません。実は絶対安静こそが、唯一の治療であることを、僕は後で知ったのですが、「医者に行っても何もしてくれないよ」という知人の声を鵜呑みにして、医者にはいきませんでした。その結果、約3年間程、腰痛で大変苦労しました。

その間一年程して医者に行って、約一ヶ月間のケン引をして、或る程度の痛みをなくすことができました。また医者からもらった薬、及び売薬のあらゆるものを試してみましたが、薬は或る程度の痛みはとってくれるものの薬塗布をやめると直ぐに強い腰痛に悩まされる日々が続きました。

たまたま強い腰痛に見舞われました。その時長野先生のすすめで、アロマの腰痛マッサージオイルを腰に塗って見ました。その結果約数時間後にほとんど痛みを感じなくなったのです。

 その後、一年間毎日続けて塗布しました。その結果腰痛のない毎日を送りました。ところがです、あれほど頑固で一生つきあわなければという腰痛が数日塗布しなくても痛みを感じなくなったのです。これは驚きです。ボクには現代の医療では直らなかった腰痛が現在では、一ヶ月塗布しても痛みを感じないほどに直ってしまったのです。

これは僕の体だけにきくのではないかと、腰痛を訴える友人、知人に試してみることにしました。腰痛の人100人に試してもらって、何%にきくのか、試してみることにしたのです。只今、35人位の人にプレゼントしましたが、返事のない人は2人ぐらいで、あとの人はみんな痛みを感じなくなったという便りをくれました。2人くらいの人はどうも、アロマなんてアヤシゲなものと思って使用しなかった人と思います。多分、100%の人にきいたのだと思っています。

腰痛を訴える人は、今山のようにおります。ボクは今、その人達に積極的におすすめするようにしています。



Copyright 2001- ダンベル健康体操指導協会 東京都渋谷区桜丘町14-10渋谷コープ511
TEL03-3477-7346 FAX 03-3477-7362 E-mail dela.n.a@nifty.com