アロマリンパマッサージはリンパ系の働きを活発にし、免疫力を高め、丈夫な体を作るためのプログラムですが、やり方はいつでも、どこでも、簡単に、一人でもできる“セルフマッサージ”を基本とします。

 アロママッサージにはスポーツマッサージのような専門技術は一切いりません。覚えることは、ただ一つ“リンパの流れ”だけです。後は、毎日精一杯生きている自分をいたわるように優しく、ていねいにアロマオイルを擦り込めばよいのです。

自分の体に素直に耳を傾ければ、アロマオイルのエッセンスが、皮膚から、リンパから静かに吸収され、体の中から徐々にエネルギーが湧いてくるのが分かるはずです。

・アロマリンパマッサージのポイント

 アロママッサージの基本動作は自分が気持ちいいと感じるように「さする」ことです。ブレンドしたアロマオイルを手のひらにとって、十分伸ばし、リンパの流れに沿って、軽〜くさすって皮膚からアロマの有効成分を体内に浸透させていきます。

マッサージの目的は静脈とリンパ液の流れをよりスムーズにすることにあります。ですからリンパマッサージはリンパや血液が体の中心に戻るように行います。

腕や脚のマッサージで言うと、末端から付け根に向かって行います。これは静脈の流れとも重なります。 

もし、かなりむくんでいるようでしたら、皮膚の表面だけでなく筋肉をほぐすようにさすりましょう。また、同じテンポで行うのではなく、力を入れたり抜いたりしてリズムを持たせます。

 リンパ液の流れを良くするためには水分を補うことも大事です。むくんでいると“水分を控えなくちゃ”と思う人が多いようですが、逆にむくんでいるときこそ上手な水分補給が必要です。




Copyright 2001- ダンベル健康体操指導協会 東京都渋谷区桜丘町14-10渋谷コープ511
TEL03-3477-7346 FAX 03-3477-7362 E-mail dela.n.a@nifty.com