今までアロマを利用する多くの人は、疲れた心身をリラックスさせることを目的にしていました。1日の終わりにアロマバスでホッとするイメージには、自分自身をいたわることはあっても、明日への活力を生み出すエネルギーは感じられませんでした。体を動かせばさらに疲れてしまうという考えです。ここがアロマフィットネスと大きく違うところです。

アロマフィットネスでは運動とアロマは常に一体と考えます。運動抜きのアロマとか、アロマ抜きの運動ということは考えません。体全体を適度に動かし、筋肉や脳を刺激することによってアロマ効果を、より引き出そうというものです。

 例えば公園でウォーキングをするとき、もし「あ〜あ、いやだな〜、面倒だな〜、今日はやりたくない」と思いながらやれば、全身にも力が入らず、疲労感だけが残ります。

さらにウォーキングによりストレスがたまれば、体を傷つける悪者“活性酸素”も処理できず、免疫力を低下させかねません。もちろん、こんな気分では長続きするはずもありません。

しかしウォーキング前に気分を高めるベルガモットを吸入すれば、やる気が出てきて、前向きな気持ちになり、脳波もα波モードに入ります。周囲の草花や木々、池の水鳥、行き交う人々にも好奇心がわき、自分なりのいろいろな発見を楽しみながらウォーキングができます。

浮き浮きしてくれば動作にもメリハリがつき、リズミカルになります。血液循環を活発にするサイプレスやローズマリーを体に塗っておけば、シェイプアップ効果も上がります。 

そして終わりにはリラックス効果のあるラベンダーを吸入して、軽く全身のストレッチをすれば、筋肉の疲労も取り除かれ、気分もほぐれます。

ウォーキングにより脂肪が燃焼し、大事な心臓や肺が丈夫になり、ストレスが解消され、免疫力が高まり、総合的に体調が改善さる。これ以上言うことありません。

 健康とは体と心のバランスであることは誰でもが知っていることです。どちらに片寄っても健康とは言えません。

例えばどんなに体を鍛え、ホレボレするほどシェイプアップしていても、いつもイライラしているようでは健康とは言えません。その逆にのんびりしていても、疲れやすく、体調が悪ければ、やはり健康とは言えません。日常生活を快適に過ごせるような体調を整え、ストレスを解消し、肥満を改善し、美容効果を上げることが大切なのです。

 ですから、アロマフィットネスで行うエクササイズは、生活の中に無理なく取り入れられるものとしています。指導者がいなければできないというのでは長続きしないからです。  

逆に言えば健康づくりは自分で簡単に管理できるということが大事です。この条件を満たすエクササイズとして、疲れにくい体を作るウォーキング、太りにくい体を作るダンベル体操、そして障害を起こしにくい体を作るストレッチが最適です。

ただし、この運動はやや単調で飽きやすく、面白みに欠け、途中で挫折する方が多く、私自身も指導者として長年の悩みでもありました。

そこでアロマの登場です。アロマの利点は体と心に対する健康作用だけでなく、シンプルな運動に限りないほどの楽しさと潤いを与えてくれます。アロマフィットネスは、生活の質も向上させるため、生涯にわたって続けられるという効果も期待できます。楽しくなければ続かない!!アロマフィットネスは今までのフィットネスの欠点を見事に取り除いてくれたのです。




Copyright 2001- ダンベル健康体操指導協会 東京都渋谷区桜丘町14-10渋谷コープ511
TEL03-3477-7346 FAX 03-3477-7362 E-mail dela.n.a@nifty.com